診療について

診療時間

午前 9:00〜12:30
午後 14:30〜18:30
休診日:木曜日 祝日・日曜日

診療スタッフ

院長 下向 央
医師:3名
歯科衛生士:5名
歯科技工士:1名
受付・事務:1名

診療方針

歯や顎によって良く噛み、発語ができます。噛むことによってエネルギーが作られ、また脳が活性化します。
発語によって、コミュニケーションをとり社会生活が成立しています。私達人類は2本の足で立ち、歩くことによって、道具を生み出し、脳を発達させて文明を発展させ、現在の生活あります。重い頭を持つ人類は立ち居振る舞いにバランスが必要で、意外に思われるかも知れませんが、このバランス維持には顎の働きが大きく関与しています。
わずかなバランスの不良が体のれじれを生み、ひずみとなって血行不良や神経の圧迫を引き起こします。時間の経過で積もり積もって病のきっかけを作っている可能性が十分あります。 薬では原因を除けない病が多くあるのもそのためであると思います。
顎、口、歯は咀嚼、発語という誰でも知っている働きの他に、直立のバランスをとるという人類たらしめている大きな働きがあることがわかりました。
(直立歯科医学研究会 臼井五郎 2012年3月)

従って、健康にはバランスを含めた歯と顎、口の健康が不可欠です。
当院では、直立2足歩行という人の生活の原点に立って、自然に沿った安心できる総合的診療を進めていきます。

具体的な方針は以下です。

話を良く聞く

病気の生じた背景を探ります。

予防を重視

細菌の塊(バイオフィルム)への対策と体のバランスをくずすかみ合わせや歯にかかる有害な力への対策によって病気の予防を図ります。

歯の保存

できるだけ歯を抜かない。歯根膜というセンサーを持った歯は貴重です。

無痛治療

痛くない治療を心がけています。

美しい歯

形や色を自然で美しいものにしていきます。

自然な咬み合わせ

体によいバランスのとれる咬み合わせならびに楽により良く噛める咬み合わせをめざします。

メンテナンス

人の体は時間と共に変化します。
定期的なチェックとお手入れ、変化への対処によって長期の維持を図ります。

当院の患者さんはお子様からご高齢の方まで年代や生活スタイルが異なり、顔が皆異なるように、お口や歯や顎の状態は様々です。
適切な診療には経験が必要不可欠で、33年の臨床経験を生かしたいと思っていいます。親切に説明し、理解、納得された上で診療を進めてまいります。
ちょっとした痛みや悩みなどでもお気軽にご相談下さい。