診療内容

むし歯予防 むし歯治療

むし歯はむし歯菌によってできますが、なりやすい人となりにくい人がいます。簡単な唾液検査でむし歯菌の量や唾液の力を調べると共に食生活調査によってむし歯のできやすさを調べます。その方に合ったむし歯予防プログラムを立ててむし歯予防をしています。
初期むし歯には進行しないものがあり、当院ではレーザー光によるむし歯診断器を使って客観的に管理しています。むし歯治療に当たっては深く進行したむし歯でも薬を使った3MIX療法でできるだけ神経を残すようにしています。歯や神経をできるだけ抜かないことを治療方針にしています。むし歯を治療した後のつめものはプラスチック、金属、セラミック、ハイブリッドなどがあります。

歯周病予防 歯周病治療

歯周病は歯を支えている組織の病気です。約8割以上の方がかかっており自覚症状が少ないことがやっかいなところです。原因は主として歯周病菌によりますが、わずかなかみ合わせ異常や歯ぎしり食いしばりなどによって歯へ有害な力がかかること、免疫力の減少など様々な要因によって進行状況はまちまちです。
治療の基本は細菌の塊(バイオフィルム)を取り除くことです。歯科衛生士によってプロフェッショナルケアをすると共にご自身の歯磨きによってバイオフィルムを減らすことが重要です。有害なかみ合わせの力に対しては歯の形をわずかに修正することやマウスピースによって対処できます。免疫力の向上は生活習慣の見直しによってはかれます。歯周組織の健康が回復したら定期的にメインテナンスをして維持増強していきます。当院では検査データをパソコン管理しメインテナンスに役立てています。

かみ合わせ治療

当院では、咀嚼記録装置により、噛んでいる時の下あごの動きを記録することができます。この記録を解析することで、噛む際の下あごの動きの邪魔をする箇所を診断します。その箇所を修正することにより楽に良く噛めるようになります。負担がなくなった分、脳や体が楽になり心身の健康が向上します。
人は常に下あごがわずかに動くことにより体のバランスを取っています。上下の歯でひっかかる箇所があるとバランスをくずすわけですが、様々な場所の筋肉の力でバランスを保っています。 酷使された筋肉はこりとなり、血行不良や神経圧迫を引き起こし時間が経過すると共に病が生まれる可能性があります。上下の歯の引っかかる箇所を診断し、形を修正することによって解決できます。病の予防にも通じる重要な治療と考えています。また顎ずれによって体や心の不調がある場合顎ずれを是正する装置を作成し対処しています。

白い歯、美しい歯

きれいな歯並び・かみ合わせや白い歯は見ていて健康的で気持ちの良いものです。
歯並びやかみ合わせの改善は当院の専門医による矯正治療でできます。場合によっては冠の装着によって直すこともあります。
歯を白くするには診療室でする方法が2通り(薬とアパタイト粒子)と自宅でする方法(薬)と3通りあります。自身に合った方法を選択できます。
薬を使わない場合は薄いセラミックをはり付ける方法と冠を作る2通りの方法があります。

ブリッジ、入れ歯、インプラント

不幸にして歯を失った場合は何らかの手段で歯を回復します。
ブリッジは残っている歯を台にして橋渡しし、橋の部分に回復した歯を作ります。残っている台となる歯に負担がかかることが欠点です。
入れ歯は何種類も装置があり、通常の方法ですと機能や外観のどちらかを我慢せざるをえません。30年前ドイツから始まった2重冠方式のコーヌス義歯は見た目が自然でなおかつ良く噛める義歯として好評で当院では数多く製作しています。
インプラントは機能外観ともに自然の歯に近いものができる点ですぐれていますが、土台となる骨が少ないケースではできません。また、定期的にチェックをしてかみ合わせの調整が他の方法同様必要です。

口臭の気になる方

口臭を気になさる方が意外と多いです。
その様な方にお勧めしているのが口臭測定器による口臭測定です。
客観的なデータが得られるので思いこみや心配の解消につながります。
口臭があると判定されたとしても「次亜水」洗口液を使えば解決できます。

その他活用している機器と治療

エルビウムヤグレーザー治療
歯周病治療や腫れなどの急性症状の治療に威力を発揮しています。
ペリオウェーブ 光殺菌システム
歯周病菌を専用ジェルを入れて光りを当て殺菌するシステムです。
ブラックスチェッカー
歯ぎしりは自覚できないものです。
どの場所にどの位の歯ぎしりをしているのかわかります。
リップデカム
お口の周りの筋力を計る機器です。
口呼吸や飲み込み不良の診断につながります。
筋力不足の場合は筋トレで改善します。